忘れられないセフレ

私には今でも忘れることのできない人がいます。
その人とは出会い系アプリで知り合ってセフレの関係になりました。
私はそのときすでに旦那と結婚しており、いってしまえば出会い系アプリ(セフレを作るアプリ|セフレが欲しい男女がセフレ作りするアプリ)で知り合った男性と浮気をしていたのですが、
今でもその男性のことを忘れることがどうしても忘れることができないのです。
彼とは出会い系アプリで知り合ってから毎月一回必ずあって、デートをしてセックスをしていました。
あくまで私と彼の関係は、セフレです。
つまり、その場限りの割り切りの関係です。
頭ではそう自分でも理解していたのですが、気が付いたら私は彼におぼれてしまっていました。
彼と会って別れてから暇があると彼とのセックスを常に思い出してしまい、あそこを濡らしてしまっていました。
旦那とのセックスのときもいつも彼の顔が浮かんでしまっていました。
セフレの関係だと割り切らないといけないと自分でもわかっているのに、体が、気持ちがいうことを聞いてくれないのです。
そんな関係は、彼と知り合って2年で終わってしまいました。
その日も彼と濃厚なセックスをして、いつものように彼の腕に抱かれて休んでいました。
私は彼に言ってしまったのです。
「ねぇ。好きよ。あなたのこと。」と。
この言葉だけは言ってはいけないのはわかっていたのですが、それでも我慢できないほど私は彼を好きになってしまっていました。
しかし、彼はこの言葉を聞くとベットから抜けだし、帰り自宅を始めました。
それからは、一度も彼から連絡が来ることはありませんでしたし、私のほうから連絡をとることもありませんでした。
私のセフレの関係を維持しきれなかったお話でした。
岩手県・20代・女・専業主婦

日帰り温泉で釣ったギャル上がりのエロい女

出会い系サイトにハマってから早いものでもう二年、数々のセフレとの出会いを繰り返してきましたが、先月出会えた女の子はかなり良かったです。
ああいったサイトの特性ゆえ、その場限りの関係の女の子もいますが、やはり何度でも楽しみたいと思わせ、キープしたくなる子は、セフレというべき親密さになっていきます。
アプローチをかけたのは、仕事の疲れが溜まってるとグチっていたショップ店員のS美は22歳、ギャルを卒業して姉系の良い女目指してます風の、一見してエロい女でした。
私は彼女を車で日帰り温泉に誘うことに成功、彼女宅の近所のコンビニで待ち合わせ、目的地までには1時間弱は走るので、軽食を買い込んで出発しました。
少し焼けた肌に巻き髪がエロいS美、サングラスも様になっていて、こんな良い女を隣に乗せてることに感動しつつ、車を走らせました。
海岸沿いでみつけたラーメン屋で遅めの昼食を済ますと、わりとすぐお目当ての温泉に着きました。
ここのウリでもある、カップル仕様で2ショットに持ち込みやすい作りは、無理なく“そういうムード”にもっていきやすいので、重宝しています。
とりあえず、それぞれ源泉かけ流しの男湯/女湯を頂いてから、浴衣姿で合流。
ツルンとした頬とおでこが可愛いS美を冷やかしながら、夕飯タイムです。
天ぷらには日本酒だよ、なんて大人のうんちくを押し付けながら、強い酒を飲ませたいだけの魂胆にハマっていく彼女。
ガードが下がったところでマッサージ名目で近づき、あとはもう、温泉と酒で火照った若い体を、獣のように犯しました。
出会い系サイトの殿堂PCMAX様に感謝、セフレ遊び、止められそうにありません。

【東京|20代|男|土木業】